3大アライアンス 上級会員が受けるサービスの比較

ANAマイル

今日は、3つの主要な国際航空アライアンス(ワンワールド、スターアライアンス、スカイチーム)の上級会員が利用できるサービスを比較し、特別なトピックを書きます。もちろん、航空会社のマイレージプログラムを選択する際、主な考慮事項には、マイレージの使用と受ける航空会社のサービスが含まれるため、アライアンス内利用可能のサービスも参考になります。

 

【one world ワンワールド】

最初のものはもちろん、私が最近よく利用しているoneworldについて話します。メンバーの数について、oneworldは3つのアライアンスの中で最も少なく、13のメンバーしかありませんが、日本航空、キャセイパシフィック、フィンエアー、カタール航空など、高評価会社があります。一方、ブリティッシュエアウェイズやイベリア航空など、少しサービスが足りない会社もあります。

oneworldには3つのメンバーシップレベルがあります。

クリスタル  Ruby:ビジネスクラスのカウンターチェックインと座席の優先選択
サファイア Sapphire:ビジネスクラスラウンジ(1名同行者までご利用いただけます)、荷物優先対応、優先搭乗、追加の受託手荷物
エメラルド Emerald:ファーストトラックのセキュリティ、ファーストクラスのカウンター、ファーストクラスのラウンジ(1名同行者までご利用いただけます)

座席の優先選択は、航空会社独自の規制に従って実施されています。たとえば、ブリティッシュエアウェイズとカタールエ航空では、ルビーは7日前に無料で座席を選択でき、サファイア/エメラルドはいつでも選択できます。キャセイパシフィック航空は、ルビーがいつでも座席を選択できます。もちろん、非常口などの優先席についても特別な規定があるかもしれませんが、ブリティッシュ・エアウェイズのルビーは無料でお選べます。

実際の利用はoneworldの公式説明よりも緩いです。クリスタルは優先搭乗と追加の受託手荷物が利用できます。サファイアは通常、専用保安検査と快速トラックの使用ができます。

Oneworldのラウンジの権利は、3つのアライアンスの中で最も利用しやすいです。特定の制限はありません。アライアンスフライトを利用している限り、いくつかの例外を除いて、すべてのアライアンス航空会社の自営ラウンジを使用できます(ヒースローのコンコルドラウンジ、カタール航空ビジネスクラス、ファーストクラスラウンジ)。たとえば、サファイアの場合、アメリカン航空、キャセイパシフィック航空、カンタス航空のラウンジに行くことができます。

ワンワールドは唯一ファーストクラスラウンジの権利に含むアライアンスです。エメラルドがエコノミークラス搭乗しても、ファーストクラスラウンジの利用ができます。

【Star Alliance スターアライアンス】

スターアライアンスには28の航空会社のメンバーがいます。いわゆる大きな森には、シンガポール航空、トルコ航空、全日空などのエリートがいますが、ユナイテッド航空、エアチャイナなど口コミよくない会社もあります。

ワンワールドと比べて、アライアンスの上級会員が受けるサービスは弱いです。

シルバー:実質的な権利なし
ゴールド:優先チェックイン、優先手荷物、ファストトラックセキュリティチェック、追加の受託手荷物およびビジネスクラスラウンジの権利(1名様までご利用いただけます)

シルバーにはまったく権利がないため、スターアライアンスの一般的なレベルはゴールド1つだけであり、サービスはワンワールドのサファイアとほぼ同じです。

ワンワールドのサファイアと比べて、弱い点もあります。サファイアはアライアンス内、優先座席を含め、無料で座席を選択できます。

スターアライアンスゴールドのラウンジ利用権も同アライアンスで共通ですが、ビジネスクラスラウンジのみ利用できます。ラウンジの入り口にスターゴールドのロゴがあります。

もちろん、スターアライアンスのシルバーはそれほど役に立たないわけではなく、自社の航空会社にのみ適用されます。たとえば、エアチャイナのフェニックスフェニックスマイルカードは、ビジネスクラスのカウンターチェックイン、追加の受託手荷物に使用できます。また、一部の空港では国際線でラウンジを使用できます。ルフトハンザのシルバーには自社ラウンジ利用の制限はありません。

【Skyteam スカイチーム】

スカイチームのアライアンスは、会員数は20名です。その中には、何回破産したアリタリア航空や、デルタ航空、アエロフロートなどがあります。

スカイチームには2つのメンバーシップレベルがあります。

エリート:優先チェックイン、追加の受託手荷物、座席の優先選択
エリートプラス:優先手荷物、ファストトラックのセキュリティチェック、ラウンジの権利(1名同行者までご利用いただけます)

全体として、サービスはスターアライアンスより優れたと言えますが、主な問題はラウンジにあります。まず、ワンワールド、スターアライアンスとは異なり、スカイチームのラウンジはアライアンス内で共有されてないです。公式サイトのラウンジ検索エンジンをご利用いただくと、各ラウンジの下部にある指定航空会社の乗客・会員様のみご利用いただけます。

第二に、そしておそらくもっと重要なこととして、スーパーエリートのラウンジの権利は、国際線または国際線に接続する国内線にのみ適用されます。

紹介はここまでですが、間違いや説明不足がある場合は指摘してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました