AVOIS短距離発券再び改悪!CX/JL/AAなど必要なマイル数は?

特典航空券

ブリティッシュ・エアウェイズBAのポイントであるaviosは、常に短距離発券がお得なことを私たちは知っています。多くの改悪にもかかわらず、米国外の超短距離(650マイル未満)は、特典チッケトの発券必要なマイル が6kしかありません。費用対効果が高いと言えます。米国で超短距離(650マイル未満)を利用する場合は、7.5kしかありません。

ブリティッシュ・エアウェイズ最近の改悪は2019年でした。最近、事前の通知なしにアビオスを再び改悪しました。 avios 発券必要なマイル数は発表されていないことを知っておく必要があります。改悪は、自由にマイル数を変更だけです。発券必要なマイル数は、ユーザー自身の検索が必要です。今回の交換改悪は非常に不思議です。すべてのパートナーが改悪わけではありません。調査後、他のパートナーも同じマイル数に維持しながら、主にキャセイパシフィック航空CXと日本航空JLを改悪しました。

以下は、LoyaltyLobbyyによって整理された特典航空券必要なマイル数:

注:この表は完全に正確ではありません。たとえば、キャセイパシフィック航空の場合、超短距離(650マイル未満)のビジネスクラスは12.5kを維持するではなく、16kに改悪され、短距離(651〜1150マイル)のビジネスクラスは25Kに改悪されました。

CX 香港ー台北路線

1.キャセイパシフィック航空の最も対象的な超短距離路線香港-台北、以前は6kしか必要ありませんでしたが、現在は7.5kが必要です。

ビジネスクラスが12.5kから16kに改悪されました。

CX 香港ーシンガポール路線

2.キャセイパシフィック航空を引き続き見て、私のお気に入りの交換は651〜1150マイルの範囲でした。2019年の大幅な改悪前は、片道ビジネスクラスに必要なのは15,000マイルだけでしたが、現在は直接25Kに増えました。マイル数、おそらく最大の改悪区間です。

エコノミークラスは片道1.1万マイル、まだ許容範囲です。

JL 国内線 

3.日本航空も東京-福岡、6kから7.5kに改悪しました。

ビジネスクラスはまだ12.5kを維持しています。

カタール航空 短距離路線

4.カタール航空、それはまだ6kであり、変更されていないことがわかります。したがって、6Kマイルで交換できる超短距離フライトがまだあります。

米国短距離路線

5.多くの人が米国短距離路線の交換を心配していますが、まだ改悪していません。例としてアラスカ航空/アメリカン航空の交換を取り上げます。ポートランドからロサンゼルスまではまだ9k / 16.5kで、 アメリカの国外よりも少ないです。

最後に

これは単に日本人と中国人の発券習慣を対象として改悪、最も使用されているJLとCXの短距離路線改悪、必要なマイル数の増加は小さくありませんでした。 以前、 6k の羽田ー 札幌JAL国内線もう存在しません!改悪は問題ありませんが、少なくとも事前に全員に知らせて、このような予告なし改悪はに強く非難します! AVOIS近距離発券魅力はますます少なくなり、これからも早めにマイルを使いましょう。

最新の特典交換マイルは以下のとおりです

CX

ZONE // 飛行距離エコノミークラスプレミアムエコノミークラスビジネスクラスファーストクラス
ZONE 1 1-650 マイル7,500 16,000 
ZONE 2 651-1150 マイル10,000 25,000 
ZONE 3 1151-2000マイル11,00018,00025,00044,000

JL

ZONE // 飛行距離エコノミークラスプレミアムエコノミークラスビジネスクラスファーストクラス
ZONE 1 1-650 マイル7,500 12,500 
ZONE 2 651-1150 マイル10,000 24,000 
ZONE 3 1151-2000 マイル11,00016,50024,000 

コメント

タイトルとURLをコピーしました