The Economistマガジンを購読 最大18,000 AVIOS獲得

海外マイレージ情報

The Economistマガジンを購読 キャンペーン

2020年5月31日までに、The Economistマガジンを購読すると、最大18,000 Aviosを入手できます。 BAダイレクトウェブページ、またはエコノミストダイレクトウェブページ

利用条件には新しいユーザーのみ、以前に予約したことがある人は、新しいアカウントを登録することをお勧めします。

Print + Digitalを1年間購読すると、価格は255ドル(約24000円)で、1ポイントは1.33円に相当する18,000 Aviosを取得できます。 PrintまたはDigitalを1年間購読すると、価格は189ドル(約20157円)で、15,000 Aviosを取得できます。1ポイントは1.34円に相当します。このオファーは全世界通用です。しかし、日本の居住者は、Print + Digitalを1年間購読すると、価格は63960円に相当します。購入の時、住所をアメリカに設定がおすすめです。

おわりに

Aviosを貯めたい場合、このオファーは1.33-1.34円PPでAviosを購入することに相当します。このオファーは50%割引に相当します。もちろん、エコノミストの1年間無料を読めます。
さらに、印刷またはデジタルを選択した場合、価格が最も安い費用対効果が高くなります。ただし、デジタル版では各号の音声バージョンを無料でダウンロードできるため、Print + Digital版を選択することをお勧めします。これにより、聴きやすく、勉強しやすくなります。
ちなみに、日本国内線の特典航空券を利用時、JALマイルより、Aviosは少めマイル発券ができます。またキャンペーンの時、東京ロンドンヒースロー間は片道9,750Aviosで発券可能です。

Aviosの有効期限は3年です。36ヵ月以内にマイルの獲得・使用があるたびに、更に3年延長。

TIPS

魔法のAviosサイト:
https://wandr.me/Award-Search/Avios-Map/

このページに入ると、都市の空港コードを入力している限り、この空港から出発するすべての片道フライトに必要なAviosが表示されます。たとえば、東京と那覇の間のフライトを検索する場合は、那覇の空港コードOKAを入力すると、次の画像が表示されます。

3つの主要空港の色はすべて黄色であることがわかります。つまり、那覇から東京への直行便は7,500アビオスだけです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました