マイル系カード 利用キャンペーンやめる5つの理由

ANAマイル

現在、JCBは30万以上利用、900ポイントがもらえるキャンペーン開催中、またANA jcbカード新規入会キャンペーンも開催しています。この900ポイントは実際ANA 2700マイルを交換できます。しかし、私はキャンペーンの参加をやめました。理由は5つです。

マイルのビジネスモデルを理解

マイルのビジネスモデルは航空会社、消費者と銀行3つ方面から理解します。

航空会社

「マイレージ」は、航空会社が発行する通貨に相当し、銀行、クレジットカード会社などのさまざまな第三者に売り、直接マネーに交換することができます。航空会社にとって、この取引は費用はほぼゼロです。Bloombergのレポートによると、一部の航空会社は航空券を販売するよりもマイルを販売することでより多くの利益を得ることができます。

消費者

「マイレージプログラム」は、「お金を稼ぐ」という感覚に満ちた日常の消費や出張を可能にします。多くの出張者は、マイルを貯めることも仕事のメリットの1つだと考えています。日常生活で買い物したり、仕事上の理由で飛行機で飛んだりする場合は、年に1回、家族旅行用の無料航空券を数枚節約できます。これは、一般の人々にとって非常に魅力的です。

銀行、クレジットカード会社

銀行、クレジットカード会社などは、航空会社から低価格で購入したマイルは、高額マイル獲得のカード入会キャンペーンまたは消費者キャッシュバックとしてパッケージ化され、より多くの消費者がクレジットカードを申請し、より多くの消費を促進します。全体の過程で、銀行は多くの年会費、クレジットカード手数料、利息などを稼ぎます。

必要が無いものを買う

私は簡単にこのようなキャンペーン反対ではないですが、もし無理矢理消費して,必要が無いものを買って、それは浪費です。例えば、あるANAカード3ヶ月以内、100万以上決済、60000マイルがもらえます。目標達成のため、アマゾンギフト券をチッャージーします。これは本当に必要ですか。さらにリボ払いで返済に落ちまして、本当に大変です。

ポイント管理が大変

いろいろなカードを入会,ポイントとマイルの管理が大変です。通常、ポイントとマイルは有効期限があります。私は使わないカード,ポイントが無効になったこともあります。

happay 動画を活用

30万のカード決済,通常3000マイルと2700ポーナスマイルがもらえます。しかし,ポイントインコムに経由して、happy動画を購入、100%還元のため、5500ポイントがもらえます。その後、ANA東急ルート経由、4125マイルがもらえます。獲得マイルは少ないですが、ハードルは遥かに低いです。

ポイントサイトのポイントインカム

飛行機乗る機会が少ない

コロナウイルスの影響で、飛行機乗る機会が少ないため、マイルを貯める意志が弱いです。使わないマイルの価値はないです。

その5つの理由として,マイル系カードの利用キャンペーンをやめました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました