ターキッシュ マイレージキャンペーンが再び復活、日本国内のどこでも134ドルで入手できる

海外マイレージ情報

マイルキャンペーン

ターキッシュエアラインズは、おそらく皆さんにとって馴染みがない航空会社です。ターキッシュエアラインズのマイレージの最も強い部分は、7.5kマイルで米国内の片道エコノミークラスの交換ができます。また、米国内の片道ビジネスクラスチケットは12.5kマイルで交換できます。さらに重要なことに、これは米国内のハワイを含めます。

日本国内の片道エコノミークラスチケット、7.5kマイルで交換できます。

ターキッシュエアラインズが一般の人に知られていない理由は、以前ターキッシュエアラインズがスターアライアンスのチケットを発行するために電話の連絡が必要です。今、インターネット上で提携航空会社の特典チケットを直接発行できるようになり、手間は大幅に簡素化されました。

ターキッシュエアラインズは最近マイレージセールスを開始しました。リンクは次のとおりです。

https://www.turkishairlines.com/en-us/miles-and-smiles/campaigns/earn-up-to-75-percent-extra-miles/

3つの段階があります。

5,000〜19,999マイルの購入:25%ボーナス(2.52円 /マイル)

20,000〜49,999マイルの購入:50%ボーナス(2.1円 /マイル)

50,000〜99,999マイルの購入:75%ボーナス(1.8円 /マイル)

最も費用効果の高いのはもちろん最後です。50,000マイルを1,500ドルで購入すると、87,500マイルを獲得できます。これは、単価に換算すると1.8円/マイルです。ANA札幌ー沖縄便、片道約13500円です。

購入方法も非常に簡単です。アカウントのMiles transactionsに直接入力して、マイルを購入するオプションを確認できます。ボーナスマイルの購入を選択するだけです。

次に、支払いを完了します。支払いページには追加のボーナスポイントは表示されません。次の図の例では、75%の追加マイル(37.5K)が提供されます。 50k + 37.5k = 87.5kマイルを1500ドルで購入でき、単価は1.8円/マイルです。

注意事項

マイルを購入する前に条件を確認してください。すべての人に注意することがあります。

キャンペーン時間は2月5日から2月19日までの2週間です。どちらのタイムゾーンで計算するのかわかりません。必要な方はお急ぎください。

ボーナスマイルは2月28日に会員アカウントに追加されます(これは疑わしいです。元のテキストは「Extra Miles earned will be added collectively to member accounts until February 28, 2021」です)。

ボーナスマイルは2020年12月31日に失効します。

ターキッシュエアラインズのマイレージは独自で販売されているため、高い還元率の航空会社クレジットカードで決済ができます。

また、ユーザーのアカウントに以前にマイルの積算がなかった場合、オンラインで購入できない可能性があります(無効なメンバーシップの詳細が表示されます)。

これが発生した場合、解決策の1つは、他のアカウントが購入できないアカウントにマイルを購入させることです。

もしくは、ターキッシュエアラインズのカスタマーサービスに連絡して、他の解決策があるかどうかを確認します。他のルート(マリオット)からターキッシュエアラインズのアカウントにマイルを移行して、購入できるかどうかを確認します。

マイルで日本国内線利用

ターキッシュエアラインズのマイレージはシーズンを問わず、ANAの日本国内線は7500マイルで発券ができます。日本最長国内線、札幌ー那覇でも、7500マイルで発券が可能です。

おすすめのは沖縄離島路線です。沖縄離島への航空券は、特に日本本土からそれほど安くないことがよく知られています。この方法を使用すると、沖縄離島への航空券のコストが大幅に削減されます。

羽田ー石垣、7500マイルで発券できます。

羽田ー宮古島で7500マイル発券ができます。

沖縄離島路線、ターキッシュエアラインズのマイレージはANAより、必要なマイルが少ないです。

ANA沖縄離島路線の必要マイル数
L = ローシーズン
R = レギュラーシーズン
H = ハイシーズン

米国国内 ハワイ路線

もちろん、有償でマイルを購入する場合は、できるだけ早くマイルを使用する必要があります。そうしないと、マイルが長期間後に改悪するとお金を失うことになります。冒頭で述べたように、ターキッシュエアラインズマイル発券の利点は、米国全体がゾーンとしてカウントされ、ゾーン内のすべてのチケットに必要なのは7.5k / 12.5kだけであるため、もちろん、現金チケットが高ければ高いほど、マイルの価値も高くなります。 価値が高いルートは、米国本土からハワイへです。

最後に

ただし、ターキッシュエアラインズのウェブサイトは特に使いやすいとは言えません。一般的に、チケットの検索や交換に熟練するためには、より多くの操作が必要です。また、一部のアカウントではマイルを直接購入できないようです。

旅行の需要がある場合はマイルを購入ことがお勧めです。旅行せずにマイルの購入があんまり意味がありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました