JALマイルでお得なアメリカ国内線ホッピングツアーの発券方法

JAL マイル
皆さん
こんにちわ。
現在コロナウイルスの影響で、海外旅行ができないですが、JALマイルの知識を少し深く理解するため、本日JALマイルでお得なアメリカ国内線「総旅程距離1000マイル以内の短距離」の発券方法について説明します。
JMB提携航空会社特典航空券
 
交換に必要なマイル数

距離制特典区間マイル計算機 JAL 公式サイトで距離の計算ができます。
 
1000マイル以下の場合、エコノミークラスの特典交換には12,000マイルが必要、複数のパートナーには25,000マイルが必要です。
 
アメリカ南西部の短距離ジャンプツアー:
 
 
 
  米国のアジア太平洋地域への最大のゲートウェイ空港であるロサンゼルス[LAX]は、多くの人々が日本から米国に来る最初の目的地です。 JALマイレージを使用すると、LAX-ラスベガス[LAS]-フェニックス[PHX]-サンディエゴ[SAN]南西部の短距離ホッピングツアーを簡単に計画できます。全行程は900マイルで、すべてがAAにより運営されています。エコノミークラスでの特典交換は、わずか12Kです。 (このような短いルートでビジネスクラスを体験することの必要性はありません)
 
 
アメリカ北東部の短距離ジャンプツアー:
 
  日本人が米国に来るもう1つの主要な拠点はニューヨークです[JFK / LGA / EWR]。北東アメリカは現代アメリカの発祥地であり、多くの歴史的都市と多くの壮大な自然景観があります。 JALマイレージを利用して、LGAを出発し、米国の大学都市ボストン[BOS]で訪れ、その後、ワシントン[DCA]、古い首都であるフィラデルフィア[PHL]を連続で訪れ、最後にLGAに戻ります。
 
アラスカミルクランルート
 
  アラスカ南東部には高い山、深い谷、広大な氷河、数多くのフィヨルド、そして美しい景色があります。しかし、地形は細かく分割されているため、小さな町を飛行機/船でつなぐ必要がありました。
  アラスカ航空[AS]いくつかの有名なフーパールートがここにあります。これらのルートは、途中を移動する居住者に便利であり、必要な地元の生活用品も提供します。これらのフーパールートはミルクランルートと呼ばれています。ミルクランを完全に体験するための最良の出発点は、小さな町シトカ[SIT]、途中の2つの大きな町、ケチカン[KTN]とジュノー[JNU]を訪問、最後にアンカレッジ[ANC]に飛びます。
  ミルクランは1000マイル未満であり、必要なのは12K JALマイルのみです。
 
最後に
 
  JALマイルは非常に寛大な滞在ポリシー(最大7ストップ)を利用して、短距離でも少ないマイルで多くの都市が訪れます。
 
 
 
 
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました