タイ シンガポール入国緩和 Avois、JALとANAマイル発券 お得度比較

JAL マイル

4月1日からシンガポール、マレーシアで、原則として、日本を含む全ての国·地域を対象にワクチン接種者を対象とした隔離なしの入国が再開しました。マイルで海外旅行が簡単になります。現在、日本から行きやすいタイとシンガポールのマイル発券のお得度を比較します。

タイ行き Avois軍配

Avois大幅改悪ですが、13000ポイントでJAL東京羽田ーバンコクエコノミー片道で乗れます。本家Jalは17500マイルは必要です。


avois発券、東京羽田ーバンコク、東京成田ーバンコク、同じ13000ポイントが必要です。一方、Jalの東京成田ーバンコクは13500マイル発券できますが、便利な東京羽田ーバンコクが17500マイルが必要です。

ANAマイル発券、往復30000マイルで、片道実質15000マイルです。

タイ旅行の際、JALとANAアイルより、avoisが軍配。

また、日本-東南アジア燃油特別付加運賃、5月31日まで発券分9,800円、6月1日から19600円、9800円増加します。

https://www.jal.co.jp/jp/ja/inter/fare/fuel/detail.html

タイ入国のポイント

5月1日、タイ政府は新型コロナウイルス対策の入国制限を緩和した。大きな緩和ポイントは、ワクチンを2回以上接種していれば、入国時のPCR検査と待機が免除されます。

タイでは、新型コロナウイルスの水際対策として導入してきた入国申請システム「タイランドパス」について、6月1日で廃止する見通しであることがわかりました。

入国必要な手続き(一例)

①航空券手配
②海外旅行保険の加入
③Thailand Pass登録
④追跡アプリ追跡アプリ「モーチャナ(หมอชนะ/MorChana)」のインストール (推奨)

シンガポール行き JAL勝利

JAL東京ーシンガポール片道で12000マイル、avois発券20750ポイント、ANA発券15000マイル、東京ーシンガポール路線マイル発券、JALが勝利。

ANAマイル発券、往復30000マイルで、片道実質15000マイルです。

シンガポール 入国のポイント

新型コロナウイルスのシンガポール政府タスクフォースは4月22日、国内の感染状況のさらなる沈静化を受けて、水際対策の一段の緩和を発表しました。同月26日から、空路・海路で入国した場合、13歳以上のワクチン接種完了者であれば入国2日前の検査を受ける必要がなくなりました。

4月26日からワクチン接種者であれば、検査義務が撤廃となりました。なお、12歳以下は、ワクチンを接種していなくても入国が可能で、入国前の検査も必要ありません。

ワクチン接種者は、指定のワクチンを接種した旨の英語の証明書の所持が必要となります。また、空路・海路で入国する場合、入国前3日以内にオンラインの入国カード「SGアライバル・カード外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」の記入と健康状態の申告が必要となります。さらに、短期渡航者も追跡アプリ「トレーストゥゲザー」のダウンロードが義務付けられます。

入国必要な手続き(一例)

①航空券手配
③PCR検査
④海外旅行保険の加入
⑤健康状態申告の登録
https://eservices.ica.gov.sg/sgarrivalcard/
⑥接触確認アプリのダウンロード

参考資料

日本・海外の出入国情報について | ANA Care Promise | ANA
【ANA公式サイト】ANA Care Promise。サイトに関するお問い合わせやヘルプ、各種約款についてご案内しております。旅の計画・準備はANAのホームページで。
タイ|HIS 渡航情報 -入国/渡航手続き情報から現地情報まで
《タイ|渡航情報》入国・渡航に必要な情報や、現地から収集した新型コロナウィルス感染状況、企業動向や日常生活における消費関連やビザ情報など、様々な観点から渡航情報をお伝えします。
シンガポール|HIS 渡航情報 -入国/渡航手続き情報から現地情報まで
《シンガポール|渡航情報》入国・渡航に必要な情報や、現地から収集した新型コロナウィルス感染状況、企業動向や日常生活における消費関連やビザ情報など、様々な観点から渡航情報をお伝えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました