スターアライアンス ラウンジアクセスポリシー改悪 2021年5月3日から

業界ニュース

ラウンジアクセスポリシーの改悪

loyaltylobbyにより、ルフトハンザは12月にゲストに関するラウンジアクセスポリシーの変更を通知し、エーゲ航空は昨日同様の内容を発表しました。

スターアライアンスのウェブサイトで使用されている文言に変更がないため、2021年5月3日にアライアンス全体のラウンジアクセスポリシーが変更されるかどうかを確認するためにスターアライアンスに連絡することにしました。

ラウンジへのアクセスについては、スターアライアンスのページにアクセスできます。

昨日のエーゲ航空によるラウンジアクセスの最新情報は次のとおりです。
2021年5月3日の時点に、同じフライトのみ、ゲストと一緒にスターアライアンスラウンジにアクセスできることをゴールドメンバーにお知らせします。その日まで、ゴールドメンバーとそのパートナーがスターアライアンスの異なるフライトで旅行する場合でも、アクセスは許可されます。

12月に発行されたルフトハンザの最新情報は次のとおりです。
ビジネスパートナーであろうと家族であろうと、HONサークルメンバー、上院議員、スターゴールドの乗客は、現在の規則に従って、世界中のルフトハンザグループラウンジとスターアライアンスラウンジに同行者を連れて行くことができます。 2021年5月3日から、これらの同行者は同じフライトで旅行する必要があります。

スターアライアンスのスポークスパーソンからの回答

アライアンス全体のゲストエンタイトルメントポリシーの変更は実際に2021年5月3日に有効であり、それに応じてWebサイトはその日に更新されます。

これまで、スターアライアンスゴールドメンバーは、同じ日に出発するスターアライアンスメンバーの航空会社で有効な搭乗券を持っているゲストを招待することができました。ポリシー変更の日から、ゲストはゴールドステータスメンバーと同じフライトに搭乗している必要があります。

私たちの理解はアライアンスの加盟航空会社がこの日付までにFFPメンバーに通知することです。したがって、エーゲ航空とルフトハンザからの連絡は正しいものです。

結論

スターアライアンスのすべての加盟航空会社は、2021年5月3日に行われるこのラウンジアクセスポリシーの変更について、マイレージプログラムの会員に情報を公開すると思います。

多くの人がスターアライアンスラウンジにアクセスし過ぎ、一部の読者は、会議やイベントに出入りするさまざまなフライトのゲストをラウンジにアクセスさせました。今回ラウンジアクセスポリシーの改悪の要因かなだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました