中国マリオット提携カードリリース予定 年間1010万円利用、プラチナアップグレード

マリオットホテル

全部3種類のカードがあります:
マリオットボンボイ®中信銀行ゴールドカード
マリオットボンボイ®中信銀行スモールプラチナカード
マリオットボンボイ®中信銀行プラチナカード

以下は、カードの概要です。

ゴールドカード

年会費200元、約4000円 

年5回利用、年会費無料

シルバーステイタス付与

毎年5泊の宿泊実績をプレゼント

18元(365円)利用で1ポイントためます

ホテル利用、9元(182円)で1ポイント還元

マリオットの予約が10%オフになります。

スモールプラチナカード

年会費 980人民元約19900円

年会費は980元ですが、1泊無料宿泊券付与(最大12,500ポイント、約12660円相当)

ゴールドステイタス付与

毎年10泊の宿泊実績をプレゼント

10元(202円)利用で1ポイントためます。

ホテル5元(101円)で1ポイント還元

4回空港VIPラウンジ利用権付きます。

これの方が費用効果が高いと思います。

プラチナカード

年会費 6800人民元/年 約137800円

年会費6800人民元、約137800円は高いですが、前の2枚のカードと比較すると、このカードにはまだ多くのメリットがあります。

まず、毎年2回の無料宿泊券(35,000ポイントを交換できるので、合計値は70,000ポイント≈70000円になります。)

次は、ゴールドステイタス付与されます。年間50万約1010万円利用、プラチナのメンバーシップアップグレード+1泊の無料宿泊券がもらえます。プラチナステイタスの招待状が市場での価値は約40000円です。

最後に、毎年15泊の宿泊実績をプレゼント、レストランの30%オフ、16回空港VIPラウンジ利用権です。

現在発表された情報判断すると、ゴールドカードとスモールプラチナの両方が良い選択だと思います。日本のMarriott Bonvoyプレミアムカードを年間400万円以上利用、プラチナが取得できます。中国のプラチナメンカード年会費は13万円、1010万円利用、プラチナのメンバーシップアップグレード、このカードは富裕層向けカードですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました