コロナ蔓延中のJALファーストクラス 羽田ー那覇917便

JGC修行

5月SFC修行の時、ANA機種の問題で一回JAL便に振替ました。ずっとJALのA350-900 ファーストクラスを乗りたいですが、羽田ー那覇便の相場は57,000円くらいです。なかなか手が出せないです。

予約

  以前、ツイッターで2万台で沖縄ー羽田区間のファーストクラスが乗れるメッセージも見たことがあります。7月25日、偶然にJALのアプリをチェックして、19,910円でファーストクラスが販売されて、躊躇なく、発券しました。

安い運賃でファーストクラス乗りたい人は特に翌日の値段をチェックしてください。最近、JALはよく翌日のファーストクラスを安い値段を売ってます。コロナの影響で、航空会社は早く空席を売りたっかた気持ちを推測できます。

 

チェックインとラウンジ利用

  ファーストクラスは羽田空港に専用チェックインカウンターがあります。実際に4連休の最終日でも空港が混んでなかったです。

 スムーズにチェックイン、セキュリティチェック通過して、初めてダイヤモンドプレミアムラウンジに潜入。

 コロナウイルス蔓延の影響で、ダイヤモンドプレミアムラウンジにみそ汁、カレーパンなどがなくて、提供された食事はおにぎりのみです。

マッサージ機もあります。
ビールもいただきました。

搭乗前にシャワーを浴びました

座席仕様と装備

ANAと違って、今JALは上級会員優先搭乗します。ダイヤモンド、プレミアム、ファーストクラス、サファイアなど上級会員は一気に搭乗しました。

A350-900は12席のファーストクラスを設置されました。自分の席は1Aです。その後、2名のCAさんが挨拶に来ました。

座席は国際線ビジネスクラス並み程度広いです。特に、マッサージ機能もついてあります。

イヤフォンのブランドはソニーです

食事

ランチは冷やし中華を提供されました。この蒸し暑い天気に中華はぴったりですね。自分は普段お酒飲まないですが、森伊蔵をいただきました。辛いです。

森伊蔵より、SKYTIMEが好きです。

5.着陸

2時間が経ち早くて、那覇に着きました。1時間の乗り継ぐ、羽田に戻ります。

帰りは特典航空券のエコノミーですが、ダイヤモンドプレミアムラウンジも利用できます。

詳しい利用条件は

JAL国内線ファーストクラスにて当日当該空港よりご出発または同クラスに当日お乗り継ぎのお客さま

羽田のラウンジより、那覇のラウンジは本当に狭くて、混雑でした。

焼きおにぎりが提供

最後に

最近のニュースにより、コロナで航空業界は大打撃を受けた。2020年1~3月期は、JAL(日本航空)、ANAホールディングス(以下、ANA)ともに赤字に転落。両社の5月の旅客数(国内・国際線)は前年同月比で約94.7%減と壊滅的だ。

その背景で、航空会社の運賃が大幅に下げました。自分は本当にJALのファーストクラスを興味を持って、コロナウイルス対策を練って、楽しみに乗りました。

帰りはエコノミークラス、一番後ろの窓側に座りました。JALのCAさんも微笑みに挨拶しました。飛行機降りる時にCAさんからハガキ、プレゼントをいただきました。大した事ではないですが、この文字を通じて、CAはお客様のことを気にする気持ちがわかりました~

本当に乗って良かったです。

獲得FOPは2860,単価は6.96です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました