2022年航空会社 ホテルステータス獲得方法の変化 高額決済で上級会員になる

業界ニュース

2021年から、ホテルと航空会社の会員ステータス獲得方法を変更します。カード決済で獲得したポイント(マイル)に応じ、上級会員になり、さらに資格も上昇するシンプルな形態にします。

今後、他のマイレージプログラムへの波及、フライトを重ね上級会員の資格を得る「修行」への影響も注目されます。

200万円消費→ヒルトンダイヤモンドになる

「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」は、年会費6万6000円(税込)で、家族カードは3枚目まで年会費無料、4枚目以降は年会費1万3200円(税込)。通常100円ごとに3ポイント、ヒルトン系列ホテルでは100円ごとに7ポイントの「ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイント」を獲得できます。

<カードの特長>
カード利用と継続でウィークエンド無料宿泊を最大2泊プレゼント
ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスを無条件で提供
カードご利用100円につき最大7ポイント貯まる

さらに「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」の場合は、年間200万円以上を利用すると、ヒルトンの最上級会員資格「ヒルトン・オナーズ・ダイヤモンドステータス」がもらえます。

400万円消費→マリオットプラチナになる

複数のツイッター情報によりますと、SPGアメックスの昨年の決済額が多い会員に、マリオットがプラチナエリートを特別提供していることが判明しました。

1〜11月の決済額は400万円以上が必要だそうです。

500万円利用→ANAダイヤモンドになる

ANAは22年1月1日~12月31日に獲得したプレミアムポイントと、21年12月16日~22年12月15日に利用したライフソリューションサービス数、ANAカードとANA Payの決済総額を全て達成することでステータスが付与されます。

「ダイヤモンド」は、5万プレミアムポイントかつANAカードとANA Pay決済総額が500万円(ちなみに、2021年が600万円の利用が必要)、もしくは8万プレミアムポイントかつ400万円の決済と、いずれも7つ以上のライフソリューション利用が条件となります。

「プラチナ」獲得は、年3万のプレミアムポイント、7サービス以上の利用、決済総額が400万円が必要です。

「ブロンズ」会員の資格は、年間の獲得プレミアムポイントが1万5000ポイント、4つ以上のライフソリューションサービスの利用、決済額の総額が300万円で利用します。

対象となるライフソリューションサービスは、「ANAのふるさと納税」「ANA マイレージモール」「ANAトラベラーズ」「ANAでんき」など、12のサービス。

ANAプレミアムメンバーサービス 新たなステイタス獲得条件と特典が加わります! | プレミアムメンバーサービス | ANAマイレージクラブ
【ANA公式サイト】ご搭乗に応じて獲得したプレミアムポイント数のみでのステイタス獲得に加え、日常生活でのご利用もステイタス獲得につながります。あなたの旅や暮らしを豊かに彩る「ANAマイレージクラブ」。特典航空券や、キャンペーンなどANAのマイルを貯めて使えるサービス満載。

コメント

タイトルとURLをコピーしました