京都翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 渡月エグゼクティブスイート滞在記

マリオットホテル

ポイントで予約

マリオットは、京都の2つのCat8ホテル、翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都、ザ・リッツ・カールトン京都、どちらのホテルも好評で、今回友達誕生日お祝いのため、2つのホテルに滞在しました。

翠嵐ホテルは嵐山の麓にあり、嵐山や周辺の観光スポットを訪れるのに適していますが、京都の繁華街からは少し遠いです。ザ・リッツ・カールトン京都は鴨川のほとりに位置し、市内での滞在に最適です。今回はポイントを使って一晩ずつ交換しましたが、すべてオフピークの70,000ポイントで交換されました。

チェックイン日:2022年4月26日、1泊。
予約方法:70kポイント交換。ホテルはCat8で、ローシーズン/ノーマル/ピークシーズンの基準はそれぞれ1泊あたり70k / 85k/100kポイントです。
部屋のタイプ:ポイント付きのベーシックルームを予約し、渡月, 1ベッドルームエグゼクティブスイート, 2 シングル, 渡月橋ビューにアップグレードされました。

地図からわかるように、翠嵐の近くには有名な天龍寺、竹林の小径、渡月橋があり、嵐山駅から徒歩10分以内で行くことができます。嵐山の観光地を訪れる予定があるなら、ここに滞在することを強くお勧めします。

ホテルでは、無料のタクシー送迎を1回提供しています。京都駅を出たら、イビスホテルの階下にあるMKタクシーに行き、翠嵐のゲストを伝えて、すぐに手配されたタクシーが来て、ホテルに直行しました。

ホテルまで約30分、ロビーに直行してチェックイン。 翠嵐のロビーは大きくなく、ゲストは全員椅子に座って手続きを完了しました。ウェルカムギフトはもちろん朝食です。同時に、1kポイント付与されます。また、1名150円の入湯税がかかります。

フロントデスクのスタッフは、私たちが渡月, 1ベッドルームエグゼクティブスイート, 2 シングル, 渡月橋ビューの部屋にアップグレードされたことを再確認しました。

スイートルーム

チェックイン終了後、スタッフが部屋に連れて行ってくれ、途中でホテルの設備を説明してくれました。客室は3階建てで、今回のスイートは201室です。

スイートですが、実際には多くの人が考えるほど大きいではありません。他のホテルには、数百または数千平方メートルの面積のプレジデントスイートがあり、あらゆる種類の設備が備わっています。翠嵐のエグゼクティブスイートは、通常の1ベッドルームと1ホールで、面積は約60平方メートルです。メートル。最大の特徴は、保津川と嵐山の景色と露天風呂です。

寝室とリビング

まず寝室を見てみましょう。荷物を置いた後、すぐに出かけました。

部屋はドアのすぐ右側にあり、部屋からの眺めはありません。

居間は寝室よりも広く、一番大きいなのはソファとコーヒーテーブルです。二面にガラスがあり、渡月橋を望むができです。保津川と嵐山も見えます。部屋全体はモダンスタイルで、ホテルには和室もいくつかあるはずです。

洗面台の左にはシャワー、右がトイレがあります。シャワールーム開けると露天風呂があり、天然温泉をご用意しております。

アメニティは現在多くのラグジュアリーコレクションで使用されているビレドです。個人的にはあまり好きではありませんが…石鹸はホテル独自のブランドですが、味は普通だと思います。

京都は箱根のような独自の温泉を販売していませんが、京都翠嵐は今でも天然温泉を提供しています。露天風呂付きのお部屋をお選びいただくと、嵐山の麓で快適に天然温泉をお楽しみいただけます。もちろん、翠嵐スイートには洗面所の外に専用の露天風呂が付いています。温度はホテルによって約40度で自動的に設定されます。温度を調整したい場合は、フロントデスクに電話する必要があります。

ホテルには3つのレストランがあります。

茶寮八翠
京翠嵐
鉄板焼き「観山」
茶寮八翠はアフタヌーンティーとランチを提供し、朝食は京翠嵐で提供されます。

茶寮八翠

ホテルでは午後7時まで無料のアフタヌーンティーを提供しています。八翠の景色はとても良く、保津川は窓の外にあり、テラスに座ってゆっくりとアフタヌーンティーを楽しむこともできます。

茶寮八翠

京翠嵐はホテルのロビーにあり、朝食、ランチ、ディナーを提供しています。プラチナ会員のウェルカムギフトは無料の朝食を選べます。お金を使うとお一人様4,000円です。

朝食は日本式と洋式でご用意しています。もちろん、私は日本の朝食を選びました。メインディッシュはおかゆ、温泉卵、焼き魚、味噌汁です。今回の旅行で宿泊したホテルはすべて素晴らしい朝食を提供していましたが(特にリッツカールトン、京都)、翠嵐の朝食はそれほど優れていませんでした。そうは言っても、プラチナステイはもちろん朝食がおすすめのオプションです。

最後に


翠嵐は確かに小さいながらも洗練されたホテルです。荘厳なロビーや広大な敷地はありませんが、一度にひとつのシーンが静けさを感じさせてくれます。

滞在体験にはとても満足しています。もちろん、アップグレードも考慮に入れました。嵐山に行きたければ、ホテルの立地が有利です。ハードウェアは一流ではありませんが、朝食の質は80点以上であり、サービスは一般的に何の不満もありません。全体として、これは以前のSPGトップに値するものであり、現在のCat 8レベルでは、100点のうち90を与えます。

しかし、京都の高級ホテルブランドは近年で急速に発展し、かつては翠嵐、リッツカールトン、星のやしかありませんでした。フォーシーズンズがオープンし、パークハイアットとアマンがオープンしました。このような熾烈な競争に直面しても、翠嵐とRitz-Carltonが高品質またはさらに優れた滞在体験を提供し続けることを願っています〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました